« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

ひさびさのアプリケ

169_6988_1
気分転換に、スーちゃんをひとり
巻物のようになっている土台布・・・まだまだスーちゃん増える予定です
予定はビリーくん含めて6人
でもこのペースだと、果たしていつ全員登場なるのやら
(サンボンネット・スーの図案:加藤礼子のハートフルキルト参照)

| | コメント (2)

クレイジーのひざ掛け

168_6884_1
前回のお教室に持って行ったひざ掛け
笑っちゃうくらい刺繍に手間取りました
数えてみると、刺したステッチのパターンは36種類
裏にも、折シミがついて使えないウール布を合わせて、ずれないようにところどころ刺繍糸でタフティングしました
ひざに掛けて暖をとるのにはちょうど良い大きさだけれど、これから使うのには時期を逸してしまいました
しばらくは眺めて楽しもうかな

昨日は娘①の卒園式
小さな園ナラデハの、あったかい式でした
一年生の春は待ち遠しいけれど、まだもうちょっとここに留まっていたいような
ちょっぴりさびしい複雑な心境です

| | コメント (0)

一喜一憂

その昔母が縫ってくれたスーツをリメイクして、娘①が卒園・入学式で着るアンサンブルを作りました
168_6885_1
布が表分しか取れなかったので一重仕立てですが、なかなか良い感じにできあがって嬉しいです
娘にも試着してもらったら、似合っていてほっとしました

調子に乗って作ったのがおそろいのコサージュ
168_6889_1
ワンピースの切り替えにつけたレースの残りを絞ったお花と、アンサンブルの残り布と自分のコサージュを作った同じ布でヨーヨーを作って、縫いとめただけの簡単なつくり
簡単なわりに可愛くできた、私ともちょっとおそろい♪と自画自賛でうきうきしたのもつかの間
「・・・つけなきゃだめ?」娘の反応は冷ややかなものでした
あぁがっかり、親の思う通りにはいかないものです
(アンサンブル:Rick Rackパターン使用)

| | コメント (0)

訃報

突然の事故で、友人が亡くなりました
訃報を聞いてから、時折押し寄せてくる胸の痛みと涙をこらえることができずにいました
誰かの目を見ることもできないくらい動揺

でも私の前には、変わることのない日常があります
落ち着かなくちゃ

針を持ちました
いろんな思いも涙も出るにまかせて、キルティング

娘が昼寝から目を覚まし顔を上げたら、少し落ち着きをとり戻しました
普通に話もできそう
ありがとう、キルティング

今の私にたった一つできること
静かに心からのご冥福を祈っています

|

サンプラー続き②

昨日、時間切れで泣く泣く中断したしつけかけ
気になって仕方ないので、今日も作業
トップと綿と裏布を極力ずらさないように移動して広げ、最初と同じ手順でピンを打ち、一気にとりかかりました

なんとか終わって確認したところ、特にずれたりしわになったりしている箇所はないようで安心しました
あのくらいの間隔でしつけしてあれば、(取り扱いに注意して)動かしても大丈夫らしい、ということを学びました
168_6882_1
このキルティング、実は今年中の完成を目標にしています
まだ今年始まったばかりで、目標にもならないくらいのんびり~ですが
毎日少なくともライン1本は刺そうと思っています
まとまった時間がとれなくても、塵も積もればなんとやら戦術です

一仕事終えて、なんだかほっとしました
でもこれ、多分嵐の前の静けさなのだ、はっはっはっ
娘①の卒園入学の春で、やること山積!

| | コメント (2)

サンプラー続き

2枚目サンプラー、腹をくくってついにしつけ開始しました
・・・でもこんな時に限って、予想外の出来事が起きるもんです
結局想定していた時間内に仕上がらず、使っていた和室を布団敷きのために開け放す羽目になりました
こんな中途半端なしつけ状態で動かしてしまって、果たして大丈夫なのだろうか?!

かなーり不安、へこみそう

| | コメント (0)

準備完了?

久しぶりに木綿布を触りたくなって、取り出したのが2枚目サンプラーキルトのトップ
仕上がってからかれこれ半年経ってしまいました
頭の片隅で気になっていながら、大物のしつけかけに恐れをなして、放置・・・
でもねぇ、いくらなんでもそろそろキルティングを始めないと~
168_6876_1
1枚目サンプラーにはピースワークのボーダーをつけたので、2枚目のボーダーにはアプリケとキャンドルウィックのコロニアルノットステッチを入れてみました

という訳でしつけかけの前の最後の作業
アプリケの内側にもキルティングを入れたくなるだろうと予想して、裏から重なったベース布をくり抜きました
168_6878_1_2

さあこれで準備は完了(してしまったので、もう言い逃れはできないのだ!)
もう一度丁寧にアイロンをかけて、いよいよしつけをかけるぞ~

| | コメント (4)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »