« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

マリナーズコンパス

質の悪い風邪に引っかかってしまったようで、しばらくだらだらぼやっと暮らしていました
喉の痛みで熟睡できなかったり熱が高くてしんどかったりしたので、久しぶりに病院へ行って、「こんなに?」と言うくらいの薬を処方してもらってきました
熱は下がったものの、どうにも身体のだるさが抜けなくて、「歳のせい~??」と嘆いてみたり(いや実際その通りなのでしょう)

ようやく針も持てる感じになったので、先日製図した「マリナーズコンパス」を縫ってみました
174_7420_1
もう少し色味を抑えた感じにしたかったのですが・・・(右下の赤が強すぎたかなぁ)
各ピースきちんと確認しながら並べておかないと、縫う場所や順番を間違えそうで、そこが一番大変だったかな
先生の見本は、教科書のと同じくコンパスの針を2分割していたけれど、ピースがあんまり細くて嫌になりそうだったので分割せず(最初からそんなあきらめモードで良いのか?)
ここまでくると一気に形にしてしまいたい気分になるのですが、果たして・・・??

| | コメント (4)

製図

昨日お教室で習ってきた、楕円とオフセンターの「マリナーズコンパス」
忘れないうちに・・・と早速復習です
174_7407_1
製図をして、必要な記号と枚数を書き込み型紙をつくりました
作業しながらふむふむ、出来あがって並べてみてふむふむ
製図はあんまり得意ではないけれど、今回の作業はとても面白かったです♪

お次はお待ちかねの布選び~
はてさてどんな「マリナーズコンパス」になりますやら・・・

| | コメント (0)

新しい教科書

今日はお教室の日
長らくかかったスーのキルトを無事提出して、ホワイトキルトの途中経過を見てもらいました
そしてそして
ついに、3冊目の教科書を手にしてきました
教科書のお値段にもびっくりしたけれど(何とこれまでの倍以上!!)中の構成も少し違っていて、急にとても「上級者」になってしまったような気分
子どもの頃みたいに新しい教科書が嬉しくて、何度もぺらぺらめくっています
パターンの制作がなくて、課題全て完成品の提出になるので、これまで以上に時間かかるだろうなぁ
でも、あれもこれも構想が膨らんでとても楽しみです♪

今日は、楕円とオフセンターの「マリナーズコンパス」の製図を教わってきました
まさに「目から鱗」で興味深かったです
先生は素敵な手提げかばんに仕立てていたけれど、私は肩掛けかばんを作ろうかな
どんな布を使おうか~気持ちばかりが逸ります

| | コメント (0)

ようやく

スーのキルトを早く完成させたくて、キルティングに勤しんでいました
細かいアプリケの細かい落としキルト、三角ピースの果てなく続くと思われる落としキルトも何とかこなして、無事キルティング終了!
173_7376_1
ベースのキルトライン、どうするかかなり悩んだのですが、寝ながらふっと頭に浮かんだ「シャボン玉」な感じを試してみることにしました
直径3~9センチの円をランダムに描きました、楽しい雰囲気になったかな
残すはまたまた長ーいバインディング作業、まずはひたすら返し縫い・・・

先日のお教室にて
2冊目教科書の残るお題は「ホワイトキルト」
これは文字通り、白無地にキルティングのみで模様を描き、その陰影を楽しむ(?)、というシロモノ
特にこれといって作りたいものもなかったので、教科書のお手本どおりのデザインを作るかなー、と軽く考えていたのでした、が、
「次は何を作るー?」という笑顔の先生に誘われて、鷲沢玲子さんデザインの、クリスマスブーツを作ることにしてしまいました
長さ20センチほどの小さなブーツですが、去年作ったサンタクロースくんと一緒に飾ったら可愛いかも
真っ白の綿サテンに図案を描いてキルティングするのは、かなり緊張するだろうなあ
何はともあれ、ようやく先が見えてきて少しほっとしているのでした

| | コメント (7)

ようやく

ミシンの作業を終えて、ただ今こんな感じ
173_7309_1
アプリケの部分には落としキルトを入れるとして、はてさて背景にはどんなラインでキルティングしようか?
これまた頭を悩ます楽しい時間♪なのです

そしてまたこんなことも
173_7310_1
十数年前に縫ったラップスカートとジャンバースカートを解きました
お気に入りの布で作ったお気に入りの品々だったのですが、柄が柄のためあまり着る機会がないまま箪笥の中で眠っていました
なので布もまだしっかりしています
丁寧に解いて水洗いしてアイロンをかけて・・・
後は再びの出番を待つのみ!
ここまで来ると早く形にしたくなるのですが、ここはぐっとこらえて
もうしばらく順番待ちをしていてもらいましょう

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »