« 大苦戦 | トップページ | 「宿題」 »

キルトはじめ

新しい年になりました
息切れしそうになっているブログですが、何とか続けていこうと思っています・・・今年もどうぞよろしくお願いします

恒例年末年始の帰省から戻り、今日は「初キルト」となりました
しかも、何の因果か最も苦手とする綿張り作業!
裏布は新しいのを買いたくなかったので、在庫布をミシンで接ぐところから始まって、半日がかりでした
本来ならキルトラインを描いてから綿張りなのでしょうが、最近わたしは順序が逆になることがほとんどで、今回もラインなしのトップを張りました
なぜって?
鉛筆でラインを薄くひくのがとっても苦手+へらやルレット、その他諸々の道具筆記具の発達(!)で綿を張ってからでもきれいにラインが描けたりする
というのが理由かな
今日気づいたのは、わたしはこの「しつけをかけている間」にキルトラインを考えている、ということ
トップを中心から何度も往復して、じっくり眺めながら、キルトが入った状態をあれこれ想像しているのです
これまで何枚かこんな風にして綿張りしていたのに、気づいた(意識した)のは初めてでした・・・
無事にしつけをかけ終えたので、これから様子を見ながら落とし以外のラインを足して行くつもりです♪

|

« 大苦戦 | トップページ | 「宿題」 »

コメント

にごりんさん、おかえりー♪
私もラインを引くのは苦手です。
今回のタペはほとんどラインを引かずにキルティングしてしまいました。苦笑
格子は必ず長方形になってしまいます。
でも、大きなキルト展でもそのような作品に出会うと「これでいいのだ」と嬉しくなって進歩の余地がありません。 汗
私はしつけをかけているとき何を考えているかな?と考えてみたら何も考えていないような気がします。次の機会に客観的に見てみようと思います。

投稿: 甘夏 | 2010年1月 8日 (金) 23時07分

にごりんさん、こんにちは^^
私も綿張りとライン引きがいちばん好きになれない作業…かも^^;
TOPのままだとなかなか先に進まないので、
できるだけTOP完成後にすぐ綿張りをするようにしているのだけど、
ライン引きを忘れて後で困る…を何度も繰り返しています。
でも、先に描いてても消えたりして結局後からまた描いているんだけど。
にごりんさんは綿を張ってからもきれいに描けるのですね。
道具をうまく使いこなせていないのかな^^;
綿張りの時間…私は早く終わって~とそればかり思っているかな?

投稿: きのぴと | 2010年1月12日 (火) 12時50分

甘夏さん
お返事遅くなってすみません~
格子のキルティングライン、私もいつもゆがんでしまって、帳尻合わせに四苦八苦します・・・
「これでいいのだ」のキルト、私も出会いたい!!!嬉しくなっちゃう気持ち、とっても想像できます~
きっと、ちょっと離れて全体を眺めると、格子のゆがみも分からなくなってしまうのでしょうね(それがキルトの良いところか??)
アルファベットのキルト、とっても可愛いですね♪ほのぼの刺しゅう、味があって大好きでした~

きのぴとさん
最近、綿張り後のライン引きに重宝しているのは、丸刃のルレットです~
真っ直ぐをきれいに引くのにはちょっとコツがいるような気がしますが、痕がきたなく残ることもないので引き直しも心置きなくできるし、重宝しています
キルトを始めた頃は、ライン引きもかなり神経を使って時間をかけて描いていたけれど、最近はかなりアバウトです・・・

投稿: にごりん | 2010年1月12日 (火) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大苦戦 | トップページ | 「宿題」 »