« 明後日から! | トップページ | ケース完成 »

再開

再開
放置状態だったけれど、こんな時に再開です
3.11以降、気の休まらない日が続いています
気にかかること、思うことは山程あるけれど、今のわたしにできるのは、沿岸被災地を思いつつ、前を向いて淡々と毎日を過ごすことだけなのかも知れません
緊急時の通信手段を増やすために、ついに携帯電話を持つことにしました(皮肉にも、先日の余震で早速活躍することになっていました)
麻布に刺繍をして、持ち歩き用のケースを作っています
(刺繍図案「斉藤謠子の刺繍パターン120」より)

|

« 明後日から! | トップページ | ケース完成 »

コメント

にごりんさん
日記にコメント頂いているのを確認して 飛んできました
ブログ再開の一枚目の画像が 「てづくり」で 本当に余計にほっとしました
パソコンに向かい ブログを更新されるまでには沢山時間がかかってことでしょうね

何も出来ませんがもう東北に大きな余震が起きないよう毎日祈っています。

ご家族の皆さん共々 これからもお身体を大切になさって下さいね。

投稿: NORI | 2011年4月10日 (日) 15時32分

おかえりなさい!
NORIさんのところでコメント見て、とんできました。
ずっと心配だったのですが、
そちらは大丈夫だったのですね。
私もあの日から携帯だけは必ずそばに置いています。
小さなお子さんがいらっしゃるから
余計に心配事は多いでしょう…
どうぞ心を休める時間を持って、
元気にまた毎日を過ごしていきましょうね。

投稿: きのぴと | 2011年4月10日 (日) 16時21分

NORIさん
「てづくり」、わたしにできるのはほんとうにこれだけで・・・
ありがたいことに、精神安定剤にもなってくれています
県内の番組である人が「一人一人は微力だけれど無力ではない」というようなことを言っていたのだそうです
わたしが持っている「わずかな力」をちゃんと使おうと思っています
沿岸被災地のことを思ってくださって、ありがとうございます
ケースできあがったので、載せますね

きのぴとさん
ちゃんと伺ってごあいさつしようと思っていたのに、先をこされてしまいました・・・
きのぴとさんは大丈夫でしたか???
携帯電話、非常時にどこまで使えるかまだわからないけれど、やっぱり少し安心な気がします
(地震から数日、家電もハシゴした公衆電話3台も全く使えなくて誰とも通信できなかった不安を思えば)
下の娘は、まだちょっとの余震でも飛んできてしがみつきます
地震の夜から、小学生の上二人も一緒に4人で同じ部屋で2枚の布団でくっついて寝ています
子どもたちが無意識のうちに感じている不安や恐怖から直るまで、もうちょっと時間がかかりそうです
目の前にいる大人は、せめてちゃんと前を向いて歩いていかなきゃ、と思っています

投稿: にごりん | 2011年4月11日 (月) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明後日から! | トップページ | ケース完成 »